平成30年6月1日公示 自家発電設備の点検改正に関するお知らせ

平成30年6月1日公示の自家発電設備の点検改正に伴う重要なお知らせ

 

平成30年6月1日消防庁告示による自家発電設備の点検内容が改定されました

総務省消防庁HPより

 

これまでは非常用発電機の負荷試験を毎年実施する義務として定められていたものが

今回の改定により

最長6年周期の負荷試験実施義務に緩和されました。

ただし、「運転性能の維持にかかる予防的な保全策」つまり年次点検と基本整備が毎年されており、遡って記録が保持されているもののみ認められます。

これまでオイル交換や冷却水交換など整備や負荷試験をしたことがない非常用発電設備は、この改定の主旨に沿いこれまで指摘を受けたことがない場合にも

今後は指摘を受ける可能性があります。

指摘を受ける前の対策と安全性管理体制の構築、費用対効果の高い最適運用の整備計画策定をお手伝いします。