非常用発電機の連続運転時間

発電機お役立ち情報の一覧

 

非常用発電機は何時間連続して動かせるの?

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

燃料ゲージ

温暖化による台風接近の増加や、大規模水害、大地震など

長時間の停電が心配される要因は近年増えてきました。

特に山間部で事業を営まれている会社様においては

周辺地域に停電が生じますと、まずは住宅密集地から復旧工事が入りますので

どうしても復電までの時間が多く掛かってしまいます。

そこで弊社でも納入したお客様より長時間運転をしている際にご心配されて

お問い合わせを頂きます。

非常用発電機の運転可能時間

まず運転時間においては

非常用発電機の仕様は長時間仕様であることが前提になります

①搭載の燃料タンクと消費燃料

搭載燃料÷消費燃料より停電時間が続くようでしたら

燃料を適宜補給をします。

この時、使用燃料が重油の場合は、近隣のGSで取扱いがないため

燃料補充を契約している先へ、停電時には早めの補給対応をお願いしておく必要があります。

軽油の場合は、近隣のGSでも取り扱いがあるため、マンションや工場、企業様の場合、災害時に優先して補給頂く協定を事前に締結されるケースも多々あります。

ディーゼルエンジンはオイルも少しづつ消費する

そして忘れがちですが

非常用発電機はエンジンを動かしながら潤滑油も少しずつ消費しますので

③オイルパン有効容量÷潤滑油消費量

搭載しているオイルパンにより前後しますが

オイルパン有効容量が8リットルの100kvaクラスの場合

1時間あたり0.1リットル消費するとして連続運転80時間が目安になります。

但し、80時間を保証しているものではないので

オイルゲージでHとLのオイル量を見て、Lに近い場合には

エンジンを30分程度止めて、オイルを補給します。

オイルの粘度(品質)は最重要

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

非常用発電機のオイル交換

一般的にディーゼル発電機のオイル粘度の多くは「10W30」です。

長時間動かせるのは予防保全がしっかりされている場合のみ

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

非常用発電機の冷却ホース


発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

非常用発電機のフィルター

消耗品は使用の有無に関わらず経年劣化します

非常用発電機は普段動かしていない分、まったく機器状態に変化がないように思われますが

オイルや冷却水、フィルター類、ホース類やベルト類、蓄電池、ヒーター部品など

経年劣化による品質の低下にともない見た目では分かりにくくても、正常な運転には支障を来たします。

メーカーが定めた推奨期間で適宜交換をしなければ、長時間運転には耐えられません。

例えば、オイルはその名の通り、高速で運動するエンジンのシリンダーが円滑に動くために

適正粘度を保った状態のオイルでなければ、粘度不足によりシリンダーの破損や摩擦熱を吸収できず

エンジンに損傷を与えてしまいます。

冷却水(LLC)も品質劣化し目詰まりを起こします

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

冷却水劣化により目詰まりしたサーモスタット

劣化した冷却水はオーバーヒートを招きます

不凍液の冷却水(LLC)も錆止め効果が無くなれば、ラジエーターやヒーターなどの腐食につながります。

ヒーターが腐食しますと絶縁不良になるため、電源を入れても温められません。

ラジエーターは本体の腐食まで進むと冷却水が漏れてしまい、アッセンプリー交換になってしまいます。

ベルトやホース類はゴムで出来ているので、時間の経過と共に適度な弾力を失いカチカチになってベルト切れや水漏れを

引き起こします。

目詰まりや漏れの要因になるため、周辺機器の不具合を誘発し結果として修理費用が高くなる結果を招いてしまいます。

エンジンオイル、冷却水は1~2年での交換推奨とされており

長期間、消耗品の交換や保全整備をされていない発電機は正常な運転が望めない結果となります。

大切な人命や資産を守るために存在する非常用発電機について、いざという時に安心して使えるために

年に1回の点検と保全整備に弊社では力を入れています。

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

フィルターケースの洗浄

 
 
 
 
 

「発電機整備」「発電機修理」のご相談承ります

電話 0572-74-3389 平日9:00~18:00

メール info@logiative.com 24時間受付

 
 
発電機お役立ち情報の一覧

記事のタグ

発電機 非常用発電機 運転時間 停電 復電 長時間 燃料 重油 軽油 潤滑油 オイル ディーゼル エンジン 補給 予防 保全 整備 冷却水 LLC 運転 フィルター ホース ベルト 蓄電池 バッテリー 交換 経年劣化 品質 低下 粘度 シリンダー ラジエーター ヒーター 腐食 正常 点検

関連記事

  1. 消火栓ポンプの始動方式

  2. 非常用発電機,非常用発電設備,整備,メンテナンス,費用,エンジン,オイル,冷却水,耐用年数,寿命,リスク,交換,水漏れ,点検,年次,フィルター,蓄電池,バッテリー,コスト削減

    【非常用発電機】メンテナンスの費用

  3. 非常用発電機の蓄電池(バッテリー)を長持ちさせるコツ

  4. 発電機の故障要因(制御・発電)

  5. 非常用発電機 発電機 止まらない 停止しない 原因 可能性 相談 始動 停電 復電 復旧 故障 自動起動 自動停止 異常 発火 依頼 症状 停止ソレノイド 商用電源 切り替え 不具合 手動モード 自動モード 試験モード 燃料 カット 点検 頻度 経年劣化 交換 整備 予防 保全整備 費用 コスト オイル 冷却水 予防保全

    非常用発電機が止まらない原因

  6. 発電機から白煙・黒煙が出てくる場合の原因と修理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


発電機のご質問お気軽にどうぞ

 

発電機,非常用発電機,点検,整備,メンテナンス,法令,負荷試験,消防法,非常用発電設備

 

 

発電機・非常用発電機・非常用発電設備

 

点検・整備・メンテナンスのご相談は

 

☎0572-74-3389(平日9:00~18:00)

 

info@logiative.com(24時間受付)

 

対応拠点

 

千葉・東京・埼玉・愛知・岐阜・大阪・岡山・福岡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。