発電機燃費の計算式

発電機お役立ち情報の一覧

発電機のエンジン単体で公表される表示に使用燃料○○g/kwhがあります。

これを1時間あたりのリッター換算とする計算式は

計算式 消費g×発電容量÷使用燃料比重 Edit

となります。

(例)500KW出力のA重油211g/kwhと表記された発電機のリッター換算 使用するA重油の比重を0.85とする

0.211kg×500kw÷0.85=124L/h

1時間あたり124Lの燃費消費量となります。

どのメーカーも+5%の裕度を得ており このケースでは公表値131L/hとなります。

実際に使う場合の平均燃費とは異なる

先ほどの計算式では500KWの出力で算出していますが

現実的には、負荷を始動させる最初の突入電力が最も大きく

始動後は負荷抵抗が下がりますので、負荷抵抗が下がる=発電する量が少なくて済む

よって燃費はこれより伸びる形になります。

車で例えると、最初の坂道を馬力全開で登ったあとは、平たんな道を走るので

燃費は初動時より伸びるイメージです。

なぜリッター表示ではなくグラム表示があるのか? Edit

目的は、燃費の誤差ブレを小さくするためです。

同じA重油でも 産油国、石油元売りによって比重は若干異なります。

上記例の計算でも 比重が0.85から0.86に変わると2L/hの誤差が生じます。

使用する燃料比重によって誤差を出さないための対策です。

常用発電機と非常用発電機は燃費が大きく違う

常用発電機とは

発電機 非常用発電機 燃料 リッター 計算 比重 燃料消費 平均燃費 ガバナ 調速機 整備 修理 エンジン 停電

常用型発電機

契約電力の上限を節約(ピークカット)するため、特定の負荷設備あるいは全てを発電機の電力で賄う目的に導入しています。

電力負荷に応じてエンジン出力をコントロールする調速機(ガバナ)は電子制御され、非常用の発電機に比べ排気はクリーンで、燃費に優れます。

非常用発電機とは

発電機 非常用発電機 燃料 リッター 計算 比重 燃料消費 平均燃費 ガバナ 調速機 整備 修理 エンジン 停電

非常用発電機

停電や災害時のバックアップ電源として用います。

設置型の主な非常用発電機は、停電を感知すると自動で起動し、復電すると自動停止をします。

常時動いている常用型とはことなり、上記の自動起動・自動停止などの他に

プライミングポンプ(オイルを定期的にエンジンへ強制循環させる)など

非常時に使うために特化した仕様となっています。

エンジン出力をコントロールする調速機(ガバナ)は機械式

構造がシンプルであり電子式に比べて安価で故障は少ないですが

細かい出力制御が出来ないため、燃費は悪くなります。

発電機の整備・修理のご相談承ります

電話 0572-74-3389 平日9:00~18:00

メール info@logiative.com 24時間受付

発電機お役立ち情報の一覧

関連記事

  1. 用途に合わせた発電機選び

  2. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  3. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  4. 【非常用発電機】の蓄電池(バッテリー)交換

  5. 燃料も定期的に交換しないと発電機本体への故障原因になります

  6. 中古の防災用非常用発電機を購入される場合のリスク対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。