非常用発電機の設置費用をざっくり知りたい

非常用発電機設置には大きく分けて2種類の工事がある

設置型の非常用発電機は

古くなったので発電機を入れ替える入替工事(更新工事)

BCP対策など新たな危機管理対策として導入される新設工事

主に2種類の需要に基づく工事に分けられます。

この章では、古くなった発電機を入れ替える入替(更新工事)について中心に記載をしていきます。

非常用発電機の入替(更新工事)費用

非常用発電機 故障 更新 入れ替え 費用 内訳 価格 搬出 処分 搬入 据付 電気工事 クレーン 設置 申請 屋内 屋外 防災型 容量 工事 入替 ビル 商業施設 本体 メーカー 販売 建物 処分費 消防 申請 消防法 出力計算 見積もり
非常用発電機 PX2-30YSR

防災用途で設置されている非常用発電機で最も多くあるのは、出力30kva前後の発電機です。

中小規模のオフィスビルや商業施設にある防災型非常用発電機の場合には、多くが消火栓ポンプのみをバックアップしおり、出力容量は25~30kvaです。

費用についてざっくりとした概算の入替に伴う更新費用は300万円前後です。

非常用発電機入替(更新工事)の内訳

①非常用発電機の本体価格

非常用発電機 故障 更新 入れ替え 費用 内訳 価格 搬出 処分 搬入 据付 電気工事 クレーン 設置 申請 屋内 屋外 防災型 容量 工事 入替 ビル 商業施設 本体 メーカー 販売 建物 処分費 消防 申請 消防法 出力計算 見積もり
非常用発電機本体

選定容量、メーカー、販売店の仕切り価格、仕様により価格が決まります。

㈱ロジエイティブではスケールメリットを生かした価格をご案内できます。

②搬入出の工事費

非常用発電機 故障 更新 入れ替え 費用 内訳 価格 搬出 処分 搬入 据付 電気工事 クレーン 設置 申請 屋内 屋外 防災型 容量 工事 入替 ビル 商業施設 本体 メーカー 販売 建物 処分費 消防 申請 消防法 出力計算 見積もり
据付工事

屋外or屋内

建物の高さ

クレーン設置可能場所

工事が行える時間帯(平日日中or休日深夜)

価格変動の要因は様々あります。

電気工事、アンカーボルトの設置工事も含まれます。

③これまでご使用されていた非常用発電機の処分費

非常用発電機 故障 更新 入れ替え 費用 内訳 価格 搬出 処分 搬入 据付 電気工事 クレーン 設置 申請 屋内 屋外 防災型 容量 工事 入替 ビル 商業施設 本体 メーカー 販売 建物 処分費 消防 申請 消防法 出力計算 見積もり
下取りした非常用発電機

30kvaクラスの非常用発電機を産廃処分する場合、処分費は20~30万円要します。

非常用発電機には冷却水やオイル、燃料が搭載されていますので、処分を行う前にこの抜き取り作業が必要になるためです。

株式会社ロジエイティブは入れ替えの更新工事の際、既設発電機は100%下取りを致します。

そのため、ご依頼主様には処分費の負担発生なく、下取り分の値引きも合わせて50万円~のコスト削減が可能となります。

④所轄官庁への申請・設置後の消防立会

非常用発電機の設置には、消防法に基づき所轄消防への設置申請が必要になります。

防災用途の場合、設置後に始動確認を消防担当者と行う消防立会も必要となります。

1時間あたり50ℓ以上の燃料を消費する大型非常用発電機になりますと

経産省へのばい煙申請も必要となります。

消防法改正前に設置した非常用発電機

20年以上前に設置した非常用発電機の入れ替え(更新工事)の場合には

非常用発電機の出力容量は大きくなります。

防災用として設置する非常用発電機には、防災負荷(消火栓ポンプなど)のバックアップ電源として容量を満たす根拠に、出力容量計算を用います。

平成13年に発生しました歌舞伎町の雑居ビル火災を契機に
消防法が大幅に改正されました。

この出力容量を算出する計算式が消防法改正に伴い厳しくなっているため、防災用途の非常用発電機は概ね更新時には容量が大きくなる結果となります。

 

 

まずは費用をざっくりと把握されたいお客様へ
直接お電話もしくはメールで問い合せ頂きますと
疑問点にお答え致します。

 

非常用発電機の更新・修理・お見積りのご相談は下記より承ります

※型式・年式が分かれば回答は早く行えます

※不明の場合、定期点検レポートまたはパッケージ銘板の写真添付をお願いします

電話 0572-74-3389 平日9:00~18:00

メール info@logiative.com (24時間受付)

 

発電機お役立ち情報の一覧

記事のタグ

非常用発電機 更新 入れ替え 費用 内訳 価格 搬出 処分 搬入 据付 電気工事 クレーン 設置 申請 屋内 屋外 防災型 容量 工事 入替 ビル 商業施設 本体 メーカー 販売 建物 処分費 消防 申請 消防法 出力計算 見積もり

関連記事

  1. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  2. 非常用発電機のメンテナンスをしない場合のリスク

  3. コロナの影響から想定される非常用発電機の納期遅延

  4. 【非常用発電機の入れ替え】周辺機器も同じように経年劣化

  5. 【非常用発電機の故障と対策事例】蓄電池を交換してもエンジンが掛からない…

  6. 非常用発電機の連続運転時間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 01日

CAPTCHA


発電機のご質問お気軽にどうぞ

 

発電機,非常用発電機,点検,整備,メンテナンス,法令,負荷試験,消防法,非常用発電設備

 

 

発電機・非常用発電機・非常用発電設備

 

点検・整備・メンテナンスのご相談は

 

☎0572-74-3389(平日9:00~18:00)

 

info@logiative.com(24時間受付)

 

対応拠点

 

千葉・東京・埼玉・愛知・岐阜・大阪・岡山・福岡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。