非常用発電機の耐用年数

発電機お役立ち情報の一覧

 

非常用発電機の耐用年数についてよくご質問を頂きます。

これについて弊社では20~25年とお答えしています。

理由は

メーカーから補修部品を調達できる期間が製造から20年~25年前後であるためです。

車でいうところのフルモデルチェンジが行われれば、古いモデルの生産は終わるために補修部品も順次これに倣います。

稼働させる時間が少ないために、走行距離が少ない車のイメージがありますが

災害時に正しく稼働させるために、発電機には制御盤内には常に電気が流れています。

エンジンは正常であっても

それぞれ構成部品には使用の可否を問わず、交換時期が設定されており

制御基板などは10~15年で交換時期を迎えます。

制御盤やその他の重要な部品が生産終了していれば、故障時に直らない、もしくは高額な補修費用が生じるリスクとなります。

 

よって、補修部品が揃う期間は故障時でも完全に修理出来るため安心してご利用頂けます。

この期間が製造から20~25年になります※メーカーにより異なるため幅があります

 

長くご使用頂くための対策

年次点検と同時に整備を施します

消耗品(オイル・冷却水)は定期的に交換することで周辺部品の摩耗を早めることを抑制できます

毎年の整備の中で、蓄電池・基板関係など、交換時期を迎えたものは適切に交換を整備計画に取り入れることで

補修部品の生産終了時期を把握した上での対策が可能となります。

 

発電機お役立ち情報の一覧

関連記事

  1. CPU冷却ファンの故障による基板トラブル

  2. 冷却水(LLC)交換しないとラジエーター本体に水漏れのリスク

  3. 発電機の基礎(土台)について

  4. 非常用発電機の容量選定に必要となる項目

  5. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  6. 冷却水交換をしないとヒーターの寿命を縮めます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。