非常用発電機の容量選定に必要となる項目

発電機お役立ち情報の一覧

設置型の非常用発電機には所轄消防への届け出と計算書が必要

設置型の非常用発電機は、新規設置や更新にあたり、所轄消防への届け出が必要となります。

防災用途以外に設置する非常用発電機には、発電機の容量選定に基づく計算書の提出は必要ありません。

防災用途の場合には、消防法に定められた計算書の添付が必須です。

非常用発電機の用途は大きく分けて2つあります。

BCPなど停電時への備え

ロジエイティブ,発電機,非常用発電機,防災,設置型,消防,届け出,消防法,用途,BCP,停電,備え,電源供給,人命保護,消火設備,防災,消火栓ポンプ,スプリンクラー,非常用エレベーター,防災負荷,計算,始動方式

BCP対応

BCPなど停電時に一般負荷と呼ばれる設備へ電源を供給するバックアップ電源。

人命保護、消火設備への電源供給

火災時に人命保護や消火を行うための消火設備への防災用途としての電源供給です。

消火栓ポンプやスプリンクラー、非常用エレベーターなどがあります。

ロジエイティブ,発電機,非常用発電機,防災,設置型,消防,届け出,消防法,用途,BCP,停電,備え,電源供給,人命保護,消火設備,防災,消火栓ポンプ,スプリンクラー,非常用エレベーター,防災負荷,計算,始動方式

防災設備

防災用途には消防法に定められた容量計算が必要

施設の規模や目的により、防災負荷は何が付いているかは様々です。

その施設の防災負荷を動かす容量を十分に満たした非常用発電機の選定をする必要があります。

ではその容量を十分に満たしたといえる客観的根拠はなにかとなります。

そこで消防法で定められた出力計算を用います。

出力計算では、消防法に基づく統一された計算方式により出力算定を行います。

この計算書は所轄消防への設置申請に必要となります。

この計算式に基づき算出された必要容量からその容量を満たす発電機を選定します。

同じ消費量の負荷でも防災用途は発電機が大きくなる

防災用途の場合、火災が起きた時に非常用発電機に紐づく負荷設備が

同時に起動しても耐えうる容量選定を求められます。

そのため、一般用負荷に比べて同じ出力負荷でも発電機容量は大きくなります。

出力計算書に記載する項目

防災負荷の機器名称

消火栓ポンプ・スプリンクラー・非常用照明など

防災負荷のそれぞれの出力と台数

消火栓ポンプ×何台、非常用照明×何個など総数になります

容量

負荷機器が要する電力容量です。

例えば、消火栓ポンプなどはポンプの銘板に7.5kwなど記載されています。

始動方式

消火栓ポンプの場合は、じか入れかスターデルタか始動方式を確認します

上記4つが分かれば計算式にはめこみ適正容量の算出ができます。

実際の現場では

建物の単線結線図、負荷装置の確認を行い、抜け漏れがないよう現物からも確認をしていきます。

発電機お役立ち情報の一覧

発電機・非常用発電機の点検・整備・メンテナンスのご相談承ります

☎0572-74-3389(平日9:00~18:00)

✉info@logiative.com(24時間受付)

記事のタグ

ロジエイティブ,発電機,非常用発電機,防災,設置型,消防,届け出,消防法,用途,BCP,停電,備え,電源供給,人命保護,消火設備,防災,消火栓ポンプ,スプリンクラー,非常用エレベーター,防災負荷,計算,始動方式

関連記事

  1. 非常用発電機のメーカーと間違えないための選定基準

  2. 【発電機の故障ラジエーター】発電機の水漏れ原因 冷却水の未交換

  3. 【防災用orBCP】用途に合わせた発電機の選定

  4. 【非常用発電機】の蓄電池(バッテリー)交換、費用と納期

  5. 【非常用発電機の故障と対策事例】蓄電池を交換してもエンジンが掛からない…

  6. 【非常用発電機の修理】メーカーの見積もりが高いのはなぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

発電機のご質問お気軽にどうぞ

 

発電機,非常用発電機,点検,整備,メンテナンス,法令,負荷試験,消防法,非常用発電設備

 

 

発電機・非常用発電機・非常用発電設備

 

点検・整備・メンテナンスのご相談は

 

☎0572-74-3389(平日9:00~18:00)

 

info@logiative.com(24時間受付)

 

対応拠点

 

千葉・東京・埼玉・愛知・岐阜・大阪・岡山・福岡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。