非常用発電機のメーカー

発電機お役立ち情報の一覧

主な非常用発電機の製造メーカーです

デンヨー

可搬型発電機ではNO1のシェアを占めるメーカーです

西日本発電機

デンヨー100%子会社の非常用発電機専門メーカーです

日立製作所

エレベーターから電車まで社会インフラを作っているだけあり丈夫な発電機を作っています

日本車両

可搬型から非常用発電機まで作っています 本体価格が若干高い

三菱重工・三菱電機

大型の常用発電機ではよく見かける一流メーカーです 補修部品が少し高い

小型のものはハイスペックのため若干高い

ヤンマー

非常用発電機のトップシェアを占めるメーカーです 補修部品がよく揃います

東京電機

こちらも非常用発電機では2~3番手のシェアを占めるメーカーです

明電舎

静粛性に優れたラインナップ 補修部品が少し高い

※高い安いは私個人の主観に基づいています

 

 

防災型の非常用発電機はJISやNEGA(内発協)など様々な認証を得ており

性能差や耐久性はそれ自体に大きな差はなく

それよりも発電機の保全状況や設置状況により変動します。

 

但し、外国製はいくら初期投資が安くても避けられた方が無難です。

万が一、故障したときに補修部品が手に入らないあるいは、調達までの時間を要するなどの問題が生じる懸念があるためです。

 

メーカーより販売店のサービスを見極める

非常用発電機の特徴として

燃費に数パーセントの違いがあったとしても、平常時には動いていないのでそこまで突出した差ではありません。

それよりも

災害時に正しく稼働させるために年に一度の点検整備が必須となるため、購入時のイニシャルコストも大切ですが

導入後のランニングコスト、整備計画などのアフターサービスはどのようにしてくれるのか

納入した後も重視した販売店選びの方が大切になってきます。

 

 

 

 

 

値段の差が大きい

非常用発電機は一般向けに小売されているものではないため

残念ながら量販店ですぐに値段がわかるような性質ではありません。

また、本体価格のほかに設置工事や電気工事、消防申請や場所によっては道路使用許可書など

付属する工事費や諸経費も大きなウェイトを占めるため、販売する業者により価格は大きく異なります。

 

 

 

 

 

また販売業者によっても販売実績の台数により

メーカーからの仕切値が異なるため、最低でも2社から見積もりを取ることで多大な出費を抑えることができます。

 

まずは修理か更新か、どのメーカーがいいか、適正価格と方法にお悩みの方はお電話で最適な方法を一緒に考えて

ご納得いただく選択のお手伝いをいたします。

発電機お役立ち情報の一覧

関連記事

  1. 消火栓ポンプの始動方式

  2. 非常用発電機の設置基準及び法令(消防法・電気事業法・建築基準法)

  3. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  4. 発電機の筺体(きょうたい)が錆びる問題と対策

  5. 非常用発電機の更新時には受電盤内部(キュービクル)も確認をおすすめしま…

  6. 消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。