【非常用発電機】 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

非常用発電機 修理 整備 メンテナンス 点検 メリット デメリット

発電機お役立ち情報の一覧

 

原動機を搭載した非常用発電機には大きく2つの種類があります。

ディーゼルエンジンとガスタービンを比較したメリットとデメリットをまとめました。

ディーゼルエンジン搭載の非常用発電機

 

 

非常用発電機に搭載されているディーゼルエンジンは小型のものはトラクターから大型発電機になると船舶用エンジンまで、耐久性の求められる分野の幅広い産業に使われており

エンジンの汎用性も高くそのため丈夫で高い信頼性が特徴です。

 

非常用発電機(ディーゼルエンジン)のメリット

 

エンジンの共通部品が多いため部品代は安価

エンジンの耐久性が高い

本体価格・ランニングコストとも安価

 

非常用発電機(ディーゼルエンジン)のデメリット

 

構造的にピストン運動のためエンジン音と振動が大きい

軽負荷運転に適していないので、軽い負荷運転時には黒煙など未燃焼カーボンができやすい

オイル消費量が多くなる

平成30年6月の消防法改正に伴い、非常用発電機に義務付けられている負荷試験において、ガスタービンエンジンは免除されているが、ディーゼルエンジンには免除されていないため、引き続き負荷試験の実施が必要

 

備考

トラックのエンジンをイメージすると近いです。

ガスタービンエンジン

 

非常用発電機(ガスタービンエンジン)のメリット

 

ディーゼルエンジンに比べて騒音や振動は低い

燃焼効率が高いため、黒煙は少なく、排気はクリーン

軽負荷運転にも対応でき、発電が安定している

平成31年6月の消防法改正に伴いガスタービンの負荷試験は免除された

 

非常用発電機(ガスタービンエンジン)のデメリット

 

ガスタービン本体の価格が高い

重油・ディーゼル燃料の消費量はディーゼルエンジンの2倍

発電機本体は小さくても、燃料を貯蔵するタンクを大きくしなければならない

点検・整備コストを含む維持管理コストがメーカー一択になり年々と費用が高くなる

排風圧はディーゼルエンジンに比べ強く排風口は場所を選ぶ

民間施設では圧倒的にディーゼル発電機のシェアが高く、ガスタービンは少数派になります。

備考

飛行機のエンジンがイメージとして近いです

 

ランニングコストについて

 

ランニングコストのイメージは

ディーゼルエンジン<ガスタービンエンジン

となります。

 

ガスタービンエンジンの非常用発電機は

どうしても導入後の維持管理コストの観点からディーゼルエンジンの非常用発電機に比べて不利になります。

 

ディーゼル発電機とガスタービン発電機の販売比率は9:1です。

圧倒的にディーゼル発電機の方が流通しているため

補修部品を市場から入手することができ、メーカー以外でも発電機を専門に行う修理会社へ依頼のもと整備対応できます。

反対に

ガスタービンは、メーカーしか修理出来ない(補修部品を出さない)ため

メーカー主導の価格となりどうしても保守や整備に掛かるランニングコストが高くなります。

また、古くなるとメーカーから修理できない回答或いは

高額修理の見積もりとなる場合、他社に修理を依頼できないことから

更新以外の修理する選択肢は無くなる形となります。

 

修理のご相談はいつでもお問い合わせください。

電話 0572-74-3389 平日9:00~18:00

メール info@logiative.com または logiative@gmail.com

 

発電機お役立ち情報の一覧

関連記事

  1. 消火栓ポンプの始動方式

  2. 非常用発電機のメーカー

  3. 発電機の更新で困ること単線結線図が現状と異なるケース

  4. 消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると

  5. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

  6. 非常用発電機 発電機 故障 ガバナ 調速機 エンジン 回転数 アクセル 修理 依頼 制御 危険 機械式 電子式 黒煙 白煙 燃料 排気 温度 アイドリング 周波数 負荷試験 模擬負荷試験 未燃焼カーボン 引火 排煙 負荷運転 定格出力 設置 電圧低下

    非常用発電機のガバナ(調速器)の役割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。