発電機・非常用発電機の申請書類

発電機お役立ち情報の一覧

発電機・非常用発電機の設置には行政、消防署への届け出が必要です。

それぞれの項目に届出先と提出期間が定められています。

危険物貯蔵所

大型の常用発電機が主な対象です。

対象は、軽油・灯油1000ℓもしくはA重油2000ℓクラスのもの
工事着手の30日前に所轄の市町村長へ提出が必要です。

申請したら終わりではなく、完成前と完成後にも検査申請を要します。

少量危険物貯蔵

BCP用途の非常用発電機、長時間形の非常用発電機、ナイター用照明などの発電機が主な対象です。

事前に所轄の消防署と打ち合わせ、市町村への提出が必要です

軽油・灯油は1000ℓ以下、重油は2000ℓ以下までが少量危険物の扱いです。

発電設備設置届

用途を問わず設置型の発電機には届出を要します。

工事開始3日前までに所轄の消防署へ提出します。

設置する発電機の配置や何の設備と紐づいているかの単線結線図が必要です。

蓄電池設備設置届

工事開始3日前までに所轄の消防署へ提出

設備の撤去におきましても
同様に廃止の申請が必要となります。

ばい煙申請

1時間あたり50ℓ以上の燃料消費をするクラスになると経済産業省へ提出するばい煙申請を要します。

発電機お役立ち情報の一覧

発電機・非常用発電機の点検・修理・メンテナンスのご相談承ります

☎0572-74-3389 平日9:00~18:00

✉info@logiative.com 24時間受付

記事のタグ

ロジエイティブ,発電機,非常用発電機,申請,設置,消防,届出,提出,危険物,危険物貯蔵所,少量危険物,少量危険物貯蔵,BCP,設置届,蓄電池,ばい煙,点検,修理,メンテナンス

関連記事

  1. 消火栓ポンプの始動方式

  2. 非常用発電機のメンテナンスをしない場合のリスク

  3. 消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると非常用発電機の容量不足にな…

  4. 【非常用発電機の入れ替え】周辺機器も同じように経年劣化

  5. 発電機 非常用発電機 負荷試験 費用 相場 発電 料金 必要性 消防法 平成30年6月 法改正 見積もり とは 改正 装置 内部監察 義務 無停電 模擬 免除 故障 トラブル 整備 予防 修理 蓄電池 バッテリー

    【発電機の負荷試験】解説 法改正・費用相場・必要性・故障トラブル

  6. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


発電機のご質問お気軽にどうぞ

 

発電機,非常用発電機,点検,整備,メンテナンス,法令,負荷試験,消防法,非常用発電設備

 

 

発電機・非常用発電機・非常用発電設備

 

点検・整備・メンテナンスのご相談は

 

☎0572-74-3389(平日9:00~18:00)

 

info@logiative.com(24時間受付)

 

対応拠点

 

千葉・東京・埼玉・愛知・岐阜・大阪・岡山・福岡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。