発電機の設置許可申請

発電機お役立ち情報の一覧

発電機・非常用発電機の設置には行政、消防署への届け出が必要です。

それぞれの項目に届出先と提出期間が定められています。

危険物貯蔵所

対象は、軽油・灯油1000ℓもしくはA重油2000ℓクラスのもの
工事着手の30日前に所轄の市町村長へ提出が必要です
申請したら終わりではなく、完成前と完成後にも検査申請を要します。

少量危険物貯蔵

事前に所轄の消防署と打ち合わせ、市町村への提出が必要です

発電設備設置届

工事開始3日前までに所轄の消防署へ提出

蓄電池設備設置届

工事開始3日前までに所轄の消防署へ提出

設備の撤去におきましても
同様に廃止の申請が必要となります。

発電機お役立ち情報の一覧

関連記事

  1. 冷却水(LLC)交換しないとラジエーター本体に水漏れのリスク

  2. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

  3. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  4. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  5. 設置場所の注意点 非常用発電機を更新する場合

  6. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。