50hzと60hzについて

自家発電機 販売

hz(ヘルツ)とは

電気には直流と交流があります。
電力会社から供給される電気は交流です。

電池で言えば、プラス極とマイナス極をイメージすると
1秒間にこのプラス極とマイナス極を入れ替わっている回数を
周波数と呼びます。

南は静岡、北は新潟を境に
東日本(50hz)西日本(60hz)に分断されます。

背景には
明治時代まで遡りますが
電力会社である、東京電燈と大阪電燈で採用した
発電設備がドイツ製(50hz)とアメリカ製(60hz)により
設備に合わせる形でエリアによる周波数が分けられました。

家電製品などは
内臓されているインバーターの役割により
どちらで使っても支障はありませんが

非常用発電機などは、あらかじめ設置される地域に即した設計をして
作られるため、周波数の切替スイッチがない場合には
東京で使っていた機械を、そのまま大阪で使う事は
できませんので、ご注意下さい。

次へ 非常用発電機はなぜ売りにくい?

発電機マメ知識