非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換

非常用発電機についている蓄電池(バッテリー)ですが
その用途は、セルモーターを動かし非常用発電機を始動させる役割を担います。

非常用発電機 バッテリー交換

非常用発電機は、普段動かす事がないので
定期的に点検をしていないと、バッテリーあがりになっている事もよくあります。

乗用車と同じで、バッテリー上がりの車にエンジン始動が出来ないように
非常用発電機も万が一の事態にエンジン始動も出来ず、動かせないということは
消火ポンプやスプリンクラーの動力電源がとれない事態を招きます。

蓄電池の型によりますが
HS型蓄電池は5~6年を目途に交換が必要です。

REH型蓄電池は4~6年の交換推奨となります。

MS型蓄電池は8年を目安に交換です。

ここで注意が必要ですが
車のようにカー用品店で簡単に入手できるものではなく
基本的には受注生産になりますので、いざバッテリーが上がっていたと気づいた時に
すぐに復旧できない期間が生まれるリスクがあります。

受注生産は概ね1.5~3か月の納期になります。

非常用発電機で採用される型の蓄電池は
弊社でもよく出ている都合上、常時在庫しておりますのでお急ぎのご相談頂きましたら
交換までを含めた納期を2週間以内でお出しする事もしております。

次へ トップランナーモーターへのシフトによる今後の非常用発電機選び

発電機マメ知識