非常用発電機の種類

自家発電機販売

建物に設置する非常用発電設備の主流は
ディーゼルエンジンとガスタービンエンジンがあります。

ディーゼルエンジン

メリット
保守管理が容易
機械の耐久性が高い
ガスタービンエンジンに比べ安価

デメリット
ガスタービンと比べて音と振動が大きい
軽負荷運転に即していないので、容量に即した選定が必要
オイル消費量はガスタービンに比べ多い

ガスタービンエンジン

メリット
ディーゼルエンジンに比べて騒音や振動は低い
燃焼効率が高いため、黒煙は少なく、排気はクリーン
軽負荷運転にも対応でき、発電が安定している

デメリット
本体の価格が高い
燃料消費量はディーゼルエンジンの2倍
発電機本体は小さくても、燃料を貯蔵するタンクを大きくしなければならない

老朽化した発電機のリセールバリューは?

古くなり、日本では役割を終えた発電機において
海外では圧倒的にディーゼル発電機が購買対象の主流です。

ガスタービン式に比べて

整備が容易であること
部品入手できること
消費燃料が少ないこと

以上が主な理由です。

次へ 冷却方式について

発電機マメ知識