自家発電設備の出力計算

非常用発電機 修理

非常用発電機、防災用発電機の出力容量については、消防法に基づき出力算定を定められています。

自家発電設備の出力計算をせず、あるいは計算を誤っていたために
選定した機械の容量不足が判明し、その結果、所轄消防の設置許可が下りないケースが
実例としてあります。

非常用発電機、防災用発電機の新設、更新におきましては
自家発電設備出力計算書(一般社団法人 日本内燃力発電設備協会)に基づいた計算を
した上で、適正な発電機容量の選定が必要となります。

次へ

発電機マメ知識