発電機・非常用発電機の違い

自家発電機 販売

発電機は大きく分けて3つのタイプがあります。

常用発電機
常時運転により、大きな工場やプラントの電力を賄います。
長時間運転を想定して作られていますので、耐久性に優れています。
原油が安価な時代には、電気代よりも自家発電の方に経済的メリットが
あり広く導入されました。

非常用発電機
地震や火災など、いざという時に起動するために作られています。
病院や公共施設など、人が集まる場所で、万が一の事態に備え
通常電源に加え、非常用電源のバックアップをします。
よって、毎日の運転には適しておらず、万が一の時に動かない事が
ないように定期的な予防保全実施が重要です。

移動用発電機
工事現場などで用いられる持ち運び可能の発電機です。

次へ 発電機の原理・仕組み

発電機マメ知識