冷却方式について

発電機の冷却方式は、空冷方式と水冷方式の2つあります。

自家発電機 販売

空冷方式とは
ファンを使い風で冷やします。
小型発電機のみに対応しています。

水冷方式とは
冷却水を用い冷却します。
空冷方式に比べ、冷却効果が高いため、大型発電機はすべて水冷方式を採用します。

冷却方式には以下の4種類あります。

放流方式
メリット
構造がシンプルであり、場所や費用の制限を受けません。
デメリット
水源からの直流であるため、大量の水を必要とします。
また、断水時には使用できず、非常用発電機の用途としては、災害時の万が一に使えない可能性があります。

クーリングタワー方式
メリット
冷却水の消費が少ない
断水時にも一定時間の使用が可能です。
デメリット
発電機とは別に設置する場所を要し、建設コストも掛かります。

冷却水槽式
メリット
断水時にも一定時間の使用が可能です。
デメリット
水槽を設置する場所を要し、建設コストも掛かります。

ラジエーター方式
メリット
冷却水の消費が少ない
水源の制約を受けないため、断水時にも使用可能
設備を別に設置する場所も取らないため、最も普及しています。
デメリット
ラジエーターファンに電力を若干取られるため、発電効率が下がる

海外の中古需要は?

設置と取扱いが容易なラジエーター方式に人気が集まります。

クーリングタワー方式や冷却水槽式は
大きなエンジンに適していますので、海外でも大規模な工場や
売電事業者などが購入します。

また、価値が変わりますが、船舶のエンジンとしても
流用可能のため、一定の需要があります。

次へ 非常用発電機のメーカー一覧

発電機マメ知識