メーカーにより筺体(きょうたい)の経年劣化が違います

大きな声では言えませんが
非常用発電機の外装は、メーカーにより錆の進行が様々です。

念のため、錆の進行は設置場所により塩害や雨量など外的要因が最も起因します。

弊社は、発電機販売と同時に、古い発電機をリユースする事業を営んでいます。

当然、様々なメーカーの非常用発電機を引き取るわけですが
同じ年式や地域でも錆びの進行具合はやはりメーカーにより異なります。

発電機 販売

塗料や素材の違いと思いますが

この場でお伝え出来るのはここまでです。

購入にあたり、ご検討される方は直接弊社へお気軽にご相談ください。

次へ 発電機の燃費

発電機マメ知識