発電機の故障要因(制御・発電)

発電機、非常用発電機の故障トラブルの発生事例とその要因をまとめています

発電機は大きくわけて3つ(エンジン・制御・発電機)の部品から構成されています

本記事は制御と発電編をまとめています

危険を伴う電気設備になりますので、事故防止のため修理は必ず専門業者へご依頼ください

 

エンジンが停止しない

制御回路の不良

停止スイッチの接触不良

エンジン停止スイッチの不良

制御用空気弁の不良

停止ソレノイドの動作不良

燃料噴射ポンプ無噴射位置の調整不良

 

電圧の異常(ブラシレス方式)

電圧が出ない場合

励磁回路の不良

シリコン整流器の不良

サイリスタの不良

部品間の配線接続不良

電圧が正常ではない

電圧計不良

界磁回路の不良

電圧測定器の不良

自動電圧調整器(AVR)の不良

電圧が脈動する

自動電圧調整器(AVR)の不良

回転整流器の故障

電圧の異常

電機子巻線の短絡または断線

振動の発生

軸受の異常音がする場合 ベアリングの摩耗

機械的振動が起きる場合

無負荷運転時

機械的不均衡

機関との直結不良

軸受の偏心、傷の発生

回転部の異常接触

 

負荷運転時

機関との直結不良

据付基礎の不良

巻線の層間短絡または断線

不均衡負荷運転

 

軸受の過熱

本体振動

スラスト荷重が課題

ベアリング不良

グリース潤滑の不具合

潤滑油の不具合(不足またはオイルリング回転不良など)

巻線の過熱

過負荷運転

通風ダクトの目詰まり

雷・開閉サージの侵入

巻線の短絡

永年使用による劣化

絶縁抵抗の低下

長期間、湿度の高い場所に放置

浸水あるいは水の侵入

計器が動かない(電圧計の指針が動かない)

ヒューズの断線

切換スイッチの接触不良

励磁装置の故障

計器の故障

計器が動かない(電流計の指針が動かない)

変流器の焼損

切換スイッチの接触不良

試験用端子の接続誤り

計器の故障

計器が動かない(三相電流の不均衡)

不均衡負荷

電流計回路の接触不良

発電機子巻線の事故

 

制御装置

エンジンが始動しない(始動渋滞が発生)

始動条件が満たない ①バッテリスイッチの入りになっていない ②蓄電池の容量低下 ③エアー始動の場合はエアータンクの圧力不足

燃料系の不適合

燃料系統に空気の混入

燃料元弁の開け忘れ

燃料の劣化

周囲温度が低く不着火(ヒーターが作動していない)

始動電磁弁の動作不良

エンジンが停止しない(停止スイッチを押しても作動しない)

制御回路の故障

停止用電磁弁の動作不良

遮断器が投入しない(エンジン・発電機は正常に動いているが給電にならない)

電圧検出継電器の不良

遮断器が完全な接続状態でない(断路位置のまま)

遮断器の動作不良・故障

インターロック条件の不成立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 非常用発電機の設置基準及び法令(消防法・電気事業法・建築基準法)

  2. 発電機の設置許可申請

  3. 故障かな?発電機の故障要因

  4. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  5. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  6. 非常用発電機 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。