非常用発電機に接続できる消防用設備

非常用発電機(自家発電設備)には接続できる消防設備と接続できない消防設備があります

消防法では火災による被害を最小限にとどめるため

人が集まる施設(学校、病院、工場、百貨店、旅館、飲食店など)は防火対象物として

消防用設備を設置を義務付けられています。

非常時にその電源を担う一つとして、非常用発電機(自家発電設備)がありますが

接続できる消防設備と出来ない設備があります。

 

非常用発電機(自家発電設備)に接続できる消防設備

屋内消火栓、スプリンクラー、水噴霧消火設備、泡消火設備、不活性ガス消火設備、不活性ガス消火設備

ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、屋外消火栓設備、排煙設備、連結送水管、非常コンセント、総合操作盤

 

非常用発電機(自家発電設備)に接続できない消防設備

自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、非常警報設備、誘導灯

 

接続できない理由として

非常用発電機は停電災害から、10~40秒(仕様により異なります)にて起動しますが、それでも

上記、自動火災報知設備のように、即時性の要求が高いものは蓄電池設備などより早く起動できるものと定められています。

 

 

関連記事

  1. 発電機燃費の計算式

  2. 消火栓ポンプの始動方式

  3. 設置場所の注意点 非常用発電機を更新する場合

  4. 非常用発電機 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

  5. 目的により異なる発電機の種類と違い

  6. 発電機の更新費用をざっくり知りたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。