自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

引火性物質や爆発性物質の危険性を有しているものは危険物として定められていますが

消防法では貯蔵量についての指定数量が定められています。

発電設備の燃料となる第4類危険物についての指定数量は下記表のとおりです。

種類 品名 指定数量
第4類 第1石油類(ガソリン等) 200L
第2石油類(軽油、灯油等) 1,000L
第3石油類(重油等) 2,000L
第4石油類(ぎやー油、シリンダー油等 6,000L

指定数量以上の貯蔵・取扱いを行う場合

危険物施設の設置又は変更に係る許可申請、危険物施設の完成に係る検査申請の手続きを要します。

指定数量の1/5以上指定数量未満の場合

少量危険物等の届け出となります

複数品目を同一箇所で取り扱う場合

第1~4石油類がそれぞれに満たなくとも、消防法第10条第2項に規定する計算方法にて

倍数が1を超える場合は危険物施設となります。

分かりやすく具体例をあげますと

ガソリン100リットル、軽油500リットル、重油1000リットルを貯蔵する場合は

分母が指定数量になり、分子が上記取扱い・貯蔵量になります。

100(取扱い・貯蔵量)÷200(指定数量)=0.5(ガソリン)

500÷1000=0.5(軽油)

1000÷2000=0.5(重油)

この場合は、各項目が指定数量までに満たなくとも、その総数が1.5となるため倍数1以上にて危険物施設に該当します。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  2. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  3. 発電機の設置許可申請

  4. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  5. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  6. 発電機・非常用発電機の選定と価格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。