自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

引火性物質や爆発性物質の危険性を有しているものは危険物として定められていますが

消防法では貯蔵量についての指定数量が定められています。

発電設備の燃料となる第4類危険物についての指定数量は下記表のとおりです。

種類 品名 指定数量
第4類 第1石油類(ガソリン等) 200L
第2石油類(軽油、灯油等) 1,000L
第3石油類(重油等) 2,000L
第4石油類(ぎやー油、シリンダー油等 6,000L

指定数量以上の貯蔵・取扱いを行う場合

危険物施設の設置又は変更に係る許可申請、危険物施設の完成に係る検査申請の手続きを要します。

指定数量の1/5以上指定数量未満の場合

少量危険物等の届け出となります

複数品目を同一箇所で取り扱う場合

第1~4石油類がそれぞれに満たなくとも、消防法第10条第2項に規定する計算方法にて

倍数が1を超える場合は危険物施設となります。

分かりやすく具体例をあげますと

ガソリン100リットル、軽油500リットル、重油1000リットルを貯蔵する場合は

分母が指定数量になり、分子が上記取扱い・貯蔵量になります。

100(取扱い・貯蔵量)÷200(指定数量)=0.5(ガソリン)

500÷1000=0.5(軽油)

1000÷2000=0.5(重油)

この場合は、各項目が指定数量までに満たなくとも、その総数が1.5となるため倍数1以上にて危険物施設に該当します。

 

重油のメリット・軽油のメリット

 

非常用発電機を選定される際、燃料の仕様にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

重油のメリット・デメリット

軽油に比べて燃料価格が安価のため、燃料代に対してのコストメリットはあります。

危険物の指定数量が軽油の2倍にあたるため、規制内での備蓄量を増やせる=連続運転時間を延ばせます

ガソリンスタンドでは販売されていないため、給油には特定先との契約が必要になります

軽油のメリット

周辺のガソリンスタンドと非常時でも入手できる協定を結ぶなど、重油に比べ入手ルートの選択肢を広げられます

 

 

 

関連記事

  1. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

  2. 非常用発電機のガバナ(調速器)の役割

  3. 蓄電池を長持ちさせるコツ

  4. 燃料も定期的に交換しないと発電機本体への故障原因になります

  5. 発電機の設置許可申請

  6. 非常用発電機に接続できる消防用設備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 01日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。