錆びたパッケージのリフレッシュ

発電機 修理

なぜパッケージのリフレッシュを行うのか?

非常用発電機で古くなるとよくある問題にパッケージの劣化(錆)があります。

見た目をそこまで気にする機械ではありませんが

これを放置すると、錆の腐食が進行した箇所から穴があき

雨水が入る=そのまま内部に水が入ってしまう

そのため、見た目の問題よりも深刻な事態を招きます。

特に見落としがちな屋根からの浸水

非常用発電機 蓄電池交換

普段気にする事がないため、屋根はよけいに見落としがちになります。

しかし、屋根から入る雨水はもっとも厄介で

そのまま真下のエンジンに入る場合もあれば

電装系ユニットを濡らすことにもなります。

また、雨水がパッケージ内部に溜まると
晴れた日でもパッケージ内は湿気が高くなるため

内部を更に錆びやすくしてしまい、大きな故障の原因になります。

対策としてパッケージの錆落としと錆止め塗装を

発電機 修理

錆で穴が開いてしまうと、補修に多大な費用が掛かるため

当店では、錆が酷い発電機には整備の時に

パッケージリフレッシュをご提案しています。

発電機 修理

蓄電池の交換やオイル交換時と同時に行いますので
パッケージ改修より大幅に安価な施工となります。

パッケージリフレッシュの内容

①外装の錆をペーパーで落とします

②下地塗装をします

③錆防止塗料を塗布します

④もう一度、二度塗りをして完成です

これにより

発電機の更新時期まで綺麗な外装を保ちつつ
錆による腐食の心配を解消します。

関連記事

  1. 非常用発電機の更新時には受電盤内部(キュービクル)も確認をおすすめしま…

  2. 発電機の筺体(きょうたい)が錆びる問題と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。