発電機燃費の計算式

発電機のエンジン単体で公表される表示に使用燃料○○g/kwhがあります。

これを1時間あたりのリッター換算とする計算式は

消費g×発電容量÷使用燃料比重 Edit

となります。

(例)500KW出力のA重油211g/kwhと表記された発電機のリッター換算
使用するA重油の比重を0.85とする

0.211kg×500kw÷0.85=124L/h

1時間あたり124Lの燃費消費量となります。

どのメーカーも+5%の裕度を得ており
このケースでは公表値131L/hとなります。

なぜリッター表示ではなくグラム表示があるのか? Edit

目的は、燃費の誤差ブレを小さくするためです。

同じA重油でも
産油国、石油元売りによって比重は若干異なります。

上記例の計算でも
比重が0.85から0.86に変わると2L/hの誤差が生じます。

使用する燃料比重によって誤差を出さないための対策です。

関連記事

  1. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  2. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  3. CPU冷却ファンの故障による基板トラブル

  4. 発電機の故障要因(制御・発電)

  5. 非常用発電機の容量選定に必要となる項目

  6. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。