発電機の更新費用をざっくり知りたい

発電機の更新(入れ替え)におおよその金額が知りたい
このようなお声はよく頂きます。

注意! 同じ出力の発電機では設置不可となる場合があります。

現地調査で費用を要する前に
下記をご用意頂くことで

おおよその金額が分かるご要望へお応えできます。

既存の発電機仕様書

発電機を納入した際にユーザーに引き渡される書類です。

ここに発電機の仕様、出力容量などが記載されています。

単線結線図

この発電機に紐づいている負荷装置(防災負荷or一般負荷)と容量が分かります。

平成13年に発生しました歌舞伎町の雑居ビル火災をもとに
消防法が大幅に改正されました。

罰則強化はもとより、発電機の必要容量についての計算方法も厳しくなり
20年前の発電機更新では、ほぼ同じ容量の発電機では消防申請が通らないため
あらかじめ必要容量を予め把握しておく必要があります。

据付場所の写真

ビルの屋上or地上駐車場など
発電機が設置されている場所は様々です。

搬入口が分かるお写真をご用意頂きますと
おおよその搬入・搬出の費用が分かります。

ご心配がありましたら
直接お電話もしくはメールで問い合せ頂きますと
疑問点にお答え致します。

関連記事

  1. 設置場所の注意点 非常用発電機を更新する場合

  2. 発電機の故障要因(制御・発電)

  3. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  4. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  5. 発電機燃費の計算式

  6. 非常用発電機の設置基準及び法令(消防法・電気事業法・建築基準法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。