燃料も定期的に交換しないと故障の原因になります

燃料(軽油)も定期的に交換しないと故障の原因になります

オイル交換、冷却水交換、蓄電池交換など
非常用発電機は、普段動かしていなくとも、自動車と同じように
消耗部品は交換が必須です。

適正なタイミングで消耗部品を交換しないと
非常時に動かないのはもとより、劣化した部品により周辺機器に悪影響を与え
かえってメンテナンス費用が高くつくことになります。

忘れがちなのが燃料(軽油)の交換

実は、燃料(軽油)も定期的に交換しないと品質が劣化したものを
エンジンに循環させることになります。

弊社では6年に1回の交換を推奨しています。

理由は
燃料(軽油)も時間とともに品質低下をしてしまうからです。

上が本来の軽油の色

こちらが
10年以上交換していない燃料(軽油)を取り出した時の写真です。

酸化が進み
燃料タンクに錆が付いてしまっているため変色しています。

この燃料でエンジンを動かすのは
ドロドロの血液を心臓に送るようなもので

エンジンにも目詰まりや点火不良など
トラブル要因を作るもとになります。

 

車や普段動かす発電機と異なり、非常用発電機は燃料を消費しつくす事があまりないため

忘れがちになりますが、エンジンを保護する目的から、6年毎(D点検)時の燃料交換をお勧めしています。

関連記事

  1. 非常用発電機のメンテナンスをしないリスク

  2. 冷却水(LLC)交換しないとラジエーター本体に水漏れのリスク

  3. 冷却水交換をしないとヒーターの寿命を縮めます

  4. 非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換

  5. 目詰まりしたラジエーターの洗浄

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。