非常用発電機の容量選定に必要となる項目

防災用の非常用発電機は、新規設置や更新にあたり、所轄消防への届け出が必要となります。

施設の規模や目的により、防災負荷は何が付いているかは様々です。

そこで、その施設に即した非常用発電機の選定をする必要があります。

出力計算では、消防法に即した計算方式により出力算定を行います。

この計算書は所轄消防への申請に必要となります。

ここで算出された必要容量を満たす発電機を選定します。

防災負荷の機器名称

消火栓ポンプ・スプリンクラー・非常用照明など

防災負荷のそれぞれの出力と台数

消火栓ポンプ×何台、非常用照明×何個など総数になります

容量

負荷機器が要する電力容量です。

例えば、消火栓ポンプなどはポンプの銘板に7.5kwなど記載されています

始動方式

消火栓ポンプの場合は、じか入れかスターデルタか始動方式を確認します

 

 

関連記事

  1. 蓄電池を長持ちさせるコツ

  2. 故障かな?発電機の故障要因

  3. 非常用発電機 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

  4. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  5. 消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると

  6. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。