非常用発電機 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

原動機を搭載した非常用発電機には大きく2つの種類があります。

ディーゼルエンジン

メリット
保守管理が容易
機械の耐久性が高い
ガスタービンエンジンに比べ本体価格・ランニングコストとも安価

デメリット
ガスタービンと比べて音と振動が大きい
軽負荷運転に即していないので、容量に即した選定が必要
オイル消費量はガスタービンに比べ多い

ガスタービンエンジン

メリット
ディーゼルエンジンに比べて騒音や振動は低い
燃焼効率が高いため、黒煙は少なく、排気はクリーン
軽負荷運転にも対応でき、発電が安定している

デメリット
本体の価格が高い
燃料消費量はディーゼルエンジンの2倍
発電機本体は小さくても、燃料を貯蔵するタンクを大きくしなければならない

民間施設では圧倒的にディーゼル発電機のシェアが高く、ガスタービンは少数派になります。

ガスタービンは、メーカーしか修理出来ない(補修部品が出ない)ためどうしてもランニングコストが高くなります。

関連記事

  1. 発電機の基礎(土台)について

  2. 発電機の故障要因(制御・発電)

  3. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  4. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  5. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

  6. 蓄電池を長持ちさせるコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。