発電機の更新で困ること単線結線図が現状と異なるケース

非常用発電機は、建物の竣工時より据え付けられているケースが多く

一度納入されると20年前後は使用されます。

このため、防災負荷が多数ある大規模マンションや施設などでは

20年の間に設備に変化(消火栓ポンプが省エネ化しているなど)が生じているケースも存在します。

単線結線図上ではエレベーターが2基動くものが、1基しか停電時に動かない設定になっているなど。

 

設備の変更やエレベーターの設定変更をした場合にはその都度、結線図として残しておくことをお勧めします。

 

理由は

20年となると、その当時の施設担当者は既に異動や退職している場合も多く

いざ発電機の更新時期が迫った場合、どこからどこまでを設備更新したか、図面上と食い違う場合には

正しい発電機容量の選定が出来なくなるためです。

 

現調で結線図を一から作る事もできますが、大掛かりな単線結線図になりますと

調査日数と費用がそれなりに必要になってきます。

 

防災負荷を動かすための非常用発電機は

消防法に基づいた出力計算が必要となりますが、改正に伴い古い非常用発電機の出力容量と同じものを選定しても

計算式では必要出力に満たない場合があります。

 

関連記事

  1. 故障かな?発電機の故障要因

  2. 発電機の設置許可申請

  3. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  4. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  5. 非常用発電機の更新費用をざっくり知りたい

  6. CPU冷却ファンの故障による基板トラブル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。