用途に合わせた発電機選び

非常用発電機には大きく分けて2つの用途があります。

 

防災用 Edit

消火栓ポンプのモータや、スプリンクラー、非常灯など

火災時の避難や消火に役立てるための設備に紐づいた用途です。

設置の届け出は所轄の消防署になり

消防の防災認定を得た発電機の選定が必須となります。

その他に

パッケージ内部にあらかじめ停電時に発電機始動へ切り替わる自動切替器が内臓されています。

 

任意のバックアップ電源

 

消火栓ポンプやスプリンクラーなどの防災用負荷ではなく

停電時にバックアップ電源として活用する場合や

大きな動力をピークカット用として使用する場合に選定します。

自動切替器はオプション設定になりますが

手動でも運用上に支障がなく、連続運転時間が5~10時間を繰り返し使用したり、ある一定期間の連続使用を想定される場合は

連続運転の耐久性が高いこちらの発電機を選定します。

 

 

関連記事

  1. 消火栓ポンプの始動方式

  2. 非常用発電機の設置基準及び法令(消防法・電気事業法・建築基準法)

  3. 目的により異なる発電機の種類と違い

  4. 非常用発電機 ディーゼルとガスタービンのメリット・デメリット

  5. 発電機・非常用発電機の選定と価格

  6. 発電機の更新費用をざっくり知りたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。