消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると

 

※写真 東芝産業機器システム㈱より

 

消火設備を更新されると、このモーターを採用する可能性は高くなります。

そこで、その動力を担う非常用発電機の選定に影響が出ることになります。

経済産業省
「総合資源エネルギー調査会 省エネルギー基準部会 三相誘導電動機判断基準小委員会」
において、モーターのトップランナー化に向けた「最終取りまとめ報告書」及び
2013年11月1日付けで「省エネ法」の政省令・告示改正(交流電動機の追加等)が
公布・施行されました。

2015年4月以降、国内向けに出荷するモータにおいて、対象となる機器の
入れ替えが順次進んでいきます。

身近なもので例えると、電球がLEDに切り替わっていく流れと同じです。

トップランナーモータのメリットは省エネ効果です。
下記図のように、モータのエネルギー効率を高める事ができます。

非常用発電機 修理

※一般社団法人日本電機工業会資料より

非常用発電機選びにおいての今後の留意点 Edit

トップランナーモーターは、発生損失を抑制するため
標準モーターに比べ回転速度が速くなります。

つまり、モーターの出力が増加するため、非常用発電機の要領選定において
既設のものと比べ約1.5倍の容量が大きなものを選ぶ必要が出てきます。

その理由は

現在設置してある非常用発電機を更新する際
紐づいている消防負荷に消火栓ポンプがあるとした場合

現在の消防負荷に即した容量選定をすると
消火栓ポンプを更新した時に、容量が足りなくなる恐れが出てきます。

これは、消火栓ポンプのモータがトップランナーに切り替わっていきますので
始動電流が高くなり、その影響から容量が不足する際には見直しが必要となります。

非常用発電機、消火栓ポンプも短期に更新されるものではないため
非常用発電機を更新した際、次の更新までの期間に消火栓ポンプの更新時期となります。

そこで上記懸念が出てきますので
トップランナーへ切替対象の設備に紐づくものかを予め確認のうえ
先を見据えた非常用発電機の選定が必要になります。

関連記事

  1. 非常用発電機の修理見積もりが高いのはなぜ?

  2. 目的により異なる発電機の種類と違い

  3. 用途に合わせた発電機選び

  4. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  5. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  6. 故障かな?発電機の故障要因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。