冷却水(LLC)交換しないとラジエーター本体に水漏れのリスク

発電機・非常用発電機

冷却水の役割は、その名の通り運転時にエンジンが高温になり過ぎないよう循環して冷やします。

その成分は、防錆と不凍(冬季に凍らない)効果がありますが

その品質は交換しなければ年々低下していきます。

非常用発電機の冷却方式で最も多く採用されているラジエーターですが

もし防錆効果が失われた冷却水が、普段動かしていないために同じ場所に留まっていれば

錆の腐食が進行する可能性は高くなります。

ラジエーターにも影響を与えます。

内部の錆による目詰まり、水漏れは長期間交換していない事でよくある故障の事例です。

 

初期によく起こる事例として

ラジエーター本体の溶接部分から染み出しているケース。

運転時に水圧がかかると弱い箇所から冷却水が染み出し、段々とその箇所は広がっていきます。

 

水漏れに気が付かないと、冷却水自体の量が不足していきますので

災害時に始動しても、水温異常による緊急停止か、センサーや制御も故障していたら最悪はオーバーヒートを招きます。

 

まずは周辺部品の故障を引き起こす要因を取り除く目的と、万が一他の不具合を早めに把握するためにも

冷却水とオイルは1年に1回の交換をお勧めします。

 

関連記事

  1. 冷却水交換をしないとヒーターの寿命を縮めます

  2. 停電復旧後も非常用発電機が止まらない

  3. 非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換

  4. 目詰まりしたラジエーターの洗浄

  5. 非常用発電機のメンテナンスをしないリスク

  6. 燃料も定期的に交換しないと発電機本体への故障原因になります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。