冷却水交換をしないとヒーターの寿命を縮めます

発電機、非常用発電機の

冷却水(LLC)は防錆、凍結防止の成分が含まれていますが

使用の頻度に関わらず1~2年でその品質は低下していきます。

成分が変化したままの冷却水(LLC)を交換しないリスクは

周辺部品の摩耗を早めることに繋がります。

 

この項では冷却水ヒーターの腐食を取り上げます。

冷却水ヒーターの役割は

気温の低い地域や季節でもエンジンの始動性に影響を与えないよう作られています。

この部品は

常に冷却水に触れているため、長期間交換していない冷却水(成分が劣化した)によって

ヒーターの摩耗を早めてしまいます。

本来の形です。

 

摩耗が進んだことで腐食してしまい、温める機能が失われている事は判別できます。

もしこの状態で非常用発電機が作動する事態になった場合

始動性に影響を与えることのみならず、目詰まりした箇所から冷却水の循環が遮られ

異常停止や最悪の場合はエンジンの故障に繋がる原因となります。

 

消耗部品の定期交換は、周辺部品の機能保全にも繋がりますので

オイルと冷却水は1年に1回の交換をお勧めしています。

関連記事

  1. 冷却水(LLC)交換しないとラジエーター本体に水漏れのリスク

  2. 非常用発電機のメンテナンスをしないリスク

  3. 非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換

  4. 燃料も定期的に交換しないと故障の原因になります

  5. 目詰まりしたラジエーターの洗浄

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。